コメントやお問い合わせはこちらから。Twitterでも受付中>>

伊東園ホテル ニューさくら (鬼怒川温泉)

ホテルニューさくら
スポンサーリンク
 クラス:格安チェーンホテル 予約サイト評価:3.5/5.0
ホテルニューさくらは伊東園ホテルグループなので、夕食はバイキングでお酒も飲み放題。露天風呂や貸切風呂もあり、のんびり過ごせます。実際に泊まってみて、ホテル予約サイトの口コミが真実なのかを検証しています。

ホテルニューさくらは伊東園ホテルグループなので、365日いつでも同じ料金で宿泊できます。

年末年始やゴールデンウィーク、夏休みなどの混雑する時期でも、普通の平日でも料金は同じです。
もちろん混雑する時期は人気が高いので、早めの予約がおすすめです。

今回は伊東園ホテル ニューさくらの本館特別室の客室に実際に宿泊してきたので、お部屋の様子や館内の設備などについて、感想を交えて写真付きで詳しくご紹介します。

伊東園ホテル ニューさくらへのアクセスは?

鬼怒川温泉駅から徒歩7分の便利な立地です。

伊東園ホテルのニューさくらは栃木県日光市の鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)にあります。人気観光スポットの日光が近くなので、鬼怒川温泉と日光の両方を訪れる人もいるようです。

ニューさくらへ電車で行く場合は、東武鉄道「鬼怒川温泉駅」駅より徒歩7分。
車で行く場合は、ホテルの無料駐車場を利用できます。しかし駐車台数には限りがあるので、事前にホテルに連絡をしておくことをおすすめします。

また首都圏から無料の往復バスもあるので、少しでも安く旅行したいという方は利用してみてはいかがでしょうか。
(新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、運休している場合があります。利用を考えている方は、ホテルにお問い合わせください。)

スポンサーリンク

伊東園ホテル ニューさくらのフロントロビーは?

伊東園ホテルニューさくらのフロントロビー

広々としたフロントロビー。チェックインは15時、チェックアウトは11時です。

フロントロビーの天井は高く、ガラス張りにしているので開放的で温かみのある雰囲気です。

フロントは入って右手にあります。今回訪問した時はチェックイン前だったので荷物を預かっていただきました。

無料の往復バスの到着時間は大勢の宿泊客が一度に到着するため、フロントデスクが一時的に混み合うこともあります。
今回はまさにそのタイミングにぶつかってしまったのですが、スタッフを増やして対応しているようで、それほど待たずに手続きをすることができました。

ホテルニューさくらのフロント

フロントの横には浴衣コーナーがあり、大人向けには大中小の3つのサイズが用意されています。各サイズで色や柄が異なる浴衣が10種類近くあるので、選ぶ楽しみがあります。

伊東園ホテルニューさくらの売店

フロントデスクの斜め前には売店があります。朝8時から夜8時までオープンしています。
そこそこ広い売店なので、のぞいてみると欲しくなるものがあるかもしれません。

伊東園ホテルニューさくらのロビーにあるパソコン

ロビーの隅には無料で使えるパソコンが2台置いてあります。スマホではなく、大きい画面でインターネットをしたい時に便利です。

スポンサーリンク

伊東園ホテル ニューさくらの客室の種類は?

伊東園ホテルニューさくらの部屋

客室数は全192室。布団を敷く和室のほか、ベッドのある和洋室も。

伊東園ホテル ニューさくらは、本館、別館、南館と3つの棟があり、その客室は全192室。
お部屋の種類は以下の通り。洋室ツインの客室は別館と南館だけにあります。

客室タイプ 客室数 広さ
和室 119室 8畳~40畳
和洋室 66室 ベッド2台+8畳
ツイン 7室
スポンサーリンク

伊東園ホテル ニューさくらのお部屋の様子と備品は?

伊東園ホテルニューさくらの部屋のテーブルとテレビ

今回は伊東園ホテル ニューさくらの4部屋しかない特別室に宿泊したので、お部屋の中の様子と備品について詳しく紹介します。

特別室はリニューアル済みの禁煙部屋です。鬼怒川が眺望できるホテル厳選のリバービューのお部屋です。
通常のスタンダードプランより1,000円高いのですが、伊東園ホテルに宿泊しているとは思えないほどキレイでおすすめのお部屋です。

伊東園ホテルニューさくらの部屋の布団

お布団は既に敷かれています。旅館のように、夕食の間に敷かれ、朝食の時に片付けられるタイプではありません。
知らない間にホテルスタッフに部屋に入られることもないですし、特に問題はありません。

伊東園ホテルニューさくらの備品

とはいえ、やはり温泉旅館です。地元のお茶菓子が用意されていますし、お茶を飲めるように電気ポットもあります。
冷蔵庫には何も入っていないので、飲み物など買ってきたものを冷やすことができて便利です。

伊東園ホテルニューさくらのタオルと金庫

タオルや金庫はテレビ左横のクローゼットの中にあります。なぜか歯ブラシもタオルと一緒に置かれていました。

スポンサーリンク

伊東園ホテル ニューさくらから見える景色は?

ホテルニューさくらからの鬼怒川の眺め

鬼怒川沿いに立地しているので、リバービューのお部屋も!

伊東園ホテル ニューさくらは鬼怒川沿いにあるので、川側のお部屋であれば鬼怒川の景色を見ることができます。

伊東園ホテルニューさくらからの景色

今回宿泊したお部屋にはベランダがあったので、部屋の正面の景色だけでなく、左右を見渡すことができました。
ニューさくらからの眺めは左右で結構景色は異なりますが、川沿いに建っているホテルが多いのがわかります。

山々の自然もあり、タカかワシかトンビかわかりませんが、空を飛んでる鳥を見ながらのんびり過ごすこともできました。

スポンサーリンク

伊東園ホテル ニューさくらのバスルームとトイレは?

伊東園ホテルニューさくらの洗面所

バスルームはコンパクト。温泉の大浴場に行くので問題なし。

洗面所には必要最低限の物しか置いていないため、すっきりとしています。
ドライヤーがあるので、大浴場に入ってきた後に、お部屋でゆっくり髪を乾かすことができます。

伊東園ホテルニューさくらのシャワー

シャワーブースはかなり狭いです。天井に固定されたオーバーヘッドシャワーと、手に持つホースタイプの2種類のシャワーがあります。
そして左側は座れるような台になっています。
今回は大浴場や貸切風呂を利用したので、お部屋のシャワーは使いませんでした。

伊東園ホテルニューさくらのトイレ

シャワーとトイレは別の場所にあり、トイレはウォシュレットタイプ(洗浄機付き便座)です。きちんと清掃されている、清潔感のあるトイレです。

スポンサーリンク

伊東園ホテル ニューさくらのアメニティグッズの種類は?

伊東園ホテルニューさくらのお茶

客室アメニティは最小限。大浴場にも少し用意されてます。

伊東園ホテル ニューさくらのアメニティは、先ほどご紹介したバスタオルやタオル、歯ブラシ、ドライヤーの他、コップ、ハンドソープ、シャンプー、リンス、ボディソープと最小限の物しか置いていません。
あとはテーブルに緑茶のティーパックと湯呑がある程度です。茶筒の中はティーパックなので、急須はありません。
大浴場の脱衣所には、綿棒などが用意されていました。

スポンサーリンク

伊東園ホテル ニューさくらの貸切風呂は?

貸切風呂

貸切風呂は事前予約が必要なので、チェックインする時に空き状況を聞いておきましょう。

伊東園ホテル ニューさくらには、貸切風呂が1番から4番まで4か所あります。それぞれ浴槽のタイプを変えているようです。今回は1番の貸切風呂を選びました。
利用するには事前にフロントで予約が必要です。チェックインの時に予約をしたので、希望のお風呂と時間を選ぶことができました。予約した時間にフロントで鍵を受け取る必要があります。

伊東園ホテルニューさくらの貸切風呂の部屋

貸切風呂へのドアを開けて中に入ってびっくりします。明らかに客室を改造して貸切風呂にしたようです。
部屋にはイスがひとつと、服を入れるカゴが2つあるだけ。
とはいえ、他人の目を気にせずゆっくり温泉に入れるのは嬉しいものです。

お風呂には狭いですがシャワーのある洗い場もあります。シャンプー、リンス、ボディソープが用意されています。

伊東園ホテルニューさくらの貸切風呂の洗い場

貸切風呂はどれも無料で利用でき、空きがあればいつでも入れるのは嬉しいポイント。特に、小さな子どもがいると貸切風呂の方が気兼ねなくゆっくりと入れるので、お子さん連れのファミリーにおすすめです。

もちろん大浴場や露天風呂にも入りましたが、写真を撮ることは難しいので、気になる方はニューさくらの公式ページをご確認ください。
 伊東園ホテルニューさくらの温泉紹介【公式】

スポンサーリンク

伊東園ホテル ニューさくらの食事(夕食/朝食)は?

ニューさくらのキッチン

夕食も朝食もバイキング形式の食べ放題。夜はお酒も飲み放題。

夕食の料理

伊東園ホテル ニューさくらの夕食は、食べ放題、アルコールも含めて飲み放題です。
夕食の時間はチェックインの時に、次の4つの中から選んでおきます。

  • 17:00-18:30
  • 17:30-19:00
  • 18:00-19:30
  • 18:30-20:00

90分間という時間制限がありますが、それほど厳格ではなく、前後しても問題ありませんでした。スタッフも特にチェックして回るようなことはしていないようでした。

伊東園ホテルでは時期によって色々なキャンペーンをしているのですが、今回ニューさくらに滞在した時には「カニ食べ放題フェア」「とちおとめ食べ放題フェア」を開催していました。
鬼怒川温泉は栃木県の海無し県ですが、そんなことは問題ありません。温泉、カニ、お酒、イチゴを楽しめて、安い料金で泊まれる伊東園ホテルは満足度が高いです。

伊東園ホテルニューさくらの夕食会場

夕食会場はとても広いのですが、既に宿泊客が大勢いて、料理が並べられている近くの席は空いていませんでした。
(写真は食事時間の終わり近くに撮ったので人が少ないです)

伊東園ホテルニューさくらのカニ

カニは会場の一角で、スタッフが並べたお皿を持っていくスタイルで頂きます。もちろん食べ放題なので、何皿取ってもOK。心配なのはカニの在庫が無くなってしまうことですが、そのような事はなく、最後までしっかり提供されていました。

また、別の伊東園ホテルに以前泊まった時もカニフェアを開催していたのですが、カニの殻を切るハサミが無く、スタッフに言ってやっと出てきたことがありました。
しかしニューさくらではそのような事は無く、十分な数のハサミが用意されているようで問題ありませんでした。

伊東園ホテルニューさくらの餃子

栃木と言えば宇都宮、ということで宇都宮餃子のコーナーもありました。
「宇都宮餃子会 豚嘻嘻(とんきっき)餃子」と書かれた看板があり、後で調べてみたら人気の餃子店のようでした。そのお店から仕入れているのか確かにおいしかったです。
 豚嘻嘻(とんきっき)餃子【公式】

伊東園ホテルニューさくらのオープンキッチン
餃子コーナーがあるオープンキッチンのカウンターには、他にも天ぷら、鉄板焼き、中華のコーナーもあります。目の前で料理している出来立てを頂けます。

伊東園ホテルニューさくらの甘えびと天ぷらと寿司

カニ以外にはお刺身や甘エビもあり、何度もおかわりしてしまいました。天ぷらはワカサギやマイタケがおいしかったです。お寿司もあります。

伊東園ホテルニューさくらの夕食の料理

バイキング形式なので好きな料理だけ選んでしまいますが、もちろん他にもたくさんの料理があります。
漬物や煮物からカレーやパスタ、フライドポテト、サラダや果物など老若男女が満足できる品揃えです。

伊東園ホテルニューさくらのとちおとめ

食後のデザートは、食べ放題のとちおとめ。とちおとめを使ったスイーツや、とちおとめをそのまま頂けます。
とはいえ、他の料理でお腹いっぱいになってしまうので、とちおとめの食べ放題は、夕食ではなく朝食にしてもらえれば嬉しいなと思いました。

夕食の飲み物

伊東園ホテルニューさくらの地酒

伊東園ホテル ニューさくらの夕食では、ジュースなどのソフトドリンクだけでなく、ビールや日本酒などのアルコールも飲み放題!!
お酒好きには、夕食だけで宿泊代の元が取れるのではないかと思うほどのサービスです。

伊東園ホテルの良い所は、地元のお酒を提供していることです。料理も地元の食材を使っていますし、しっかり地域貢献をしています。

伊東園ホテル ニューさくらでは、12種類の地酒の中から日替わりで6種類を提供しています。この日は次のような地酒を提供していました。

  • 日光誉 (純米吟醸)
  • 日光一文字 (純米吟醸)
  • 松の寿 五百万石 (純米吟醸)
  • 四季桜 とちぎの星 (純米酒)
  • 北冠 米の凛 (大吟醸)
  • 杉並木 (特別本醸造)

伊東園ホテルニューさくらのアルコールドリンクバー

もちろん、ビールやサワーもアルコールドリンクバーで頂けます。

朝食

ホテルニューさくらの朝食

伊東園ホテル ニューさくらの朝食もバイキング形式の食べ放題。
朝食の入場時間を、チェックインの時に次の3つの中から選んでおきます。

  • 7:00
  • 7:30
  • 8:00

朝食の営業時間は9時までです。
朝食もバイキング形式です。朝食らしく焼き魚や漬物、温泉卵もあります。

朝食で一番おすすめなのが、鉄砲汁のお味噌汁。
夕食で提供されているカニを使って出汁をとっていると思われるお味噌汁で、ほんとにおいしいです。ぜひ試してみてください。

伊東園ホテルニューさくらの朝食の料理

その他にも山菜やちらし寿司なんかもありました。それから朝食にパスタやフライドポテトが提供されていて驚きますが、こういうニーズもあるのでしょう。子供に人気なのかもしれません。

伊東園ホテルニューさくらの朝食の洋食

もちろん和食だけではなく、パンやサラダなどの洋食もあります。フルーツにはライチもありました。
朝食にはもちろんお酒はありませんが、ソフトドリンクは飲み放題。コーヒーもあります。緑茶や紅茶などの茶葉系はティーパックで提供されています。

スポンサーリンク

伊東園ホテル ニューさくらのおすすめ度は?

伊東園ホテルニューさくらの評価

伊東園ホテル ニューさくらの評価と実際に泊まってみた感想

伊東園ホテル ニューさくらは、バイキング食べ放題、アルコール飲み放題で一年中一泊7,800円のチェーンホテルです。やや施設の古さを感じられるところもありますが、食べ放題、飲み放題を考慮すると格安だと思います。
貸切風呂も4か所あり、予約もできるので子連れのファミリーやカップルにおすすめです。
「きめ細やかなサービスは必要ないから、リーズナブルなお宿に泊まりたい」という人におすすめの宿泊施設です。

タイトルとURLをコピーしました